わたログ

法学をやっていく

短答と俺とおねえさん

カフェ勉が4日目に突入した。店員にもおそらく顔を覚えられた。かわいいおねえさんだ。このままランデヴーに発展してもいい。ラインIDを書いた紙を渡してブーメランしようか。

 

そんな愉快なことを考えつつ今日もしこしこやっているわけだ。朝から晩まで短答をな。司法試験というのは厄介なもので、論文式試験だけではなく短答式というものがある。正直論文式はたいしたことはないのだが、短答というのはすさまじい知識量を要求する点でやっかいだ。論文式のそれとは比べものにならない。

 

ひたすら短答問題集と判例六法とをにらめっこするわけだ。どうせならおねえさんとにらめっこしたいよな。

 

せいぜいあしきりにならないように頑張るとするよ。